プログラミングとは

プログラミングとは

子供さんに分かり易いプログラミングの定義は?

プログラミングとは 子どもさん向けに分かりやすく説明すると機械やゲームのキャラクターに動き方を命令する内容をコンピューターに書くことを意味します。この命令は、プログラムと呼ばれます。プログラムとは、事前に書かれた命令のための手順書のことをいいます。

 

プログラミングの身近なものでは、今話題の全自動掃除機や自動運転システムもちろんゲームやスマホアプリなど生活に欠かせない存在となっているものが多いです。

 

プログラミングというのは、コンピューターとの関係で、指示を与えるものですが、掃除機や自動車の中にも、チップという形でコンピューターが入っています。

 

子供さん向けプログラミングのやり方は、プログラミング言語をいきなり使うのではなく、子供向けのプログラミングソフトにて、命令の書かれた積み木のようなブロックを組み合わせるだけでキャラクターを動かし簡単にオリジナルのゲームが作れるように工夫がされています。

 

お子さんが、プログラミングの習熟度を増し、子供向けのプログラミングソフトからプログラミング言語に移行する際に、身についたプログラミング思考によって応用的に取り組めるように工夫がなされています。

 

プログラミングは国策として、英語と並ぶ二大スキルとして先進国でその教育に力を入れています。アメリカ合衆国元オバマ大統領もプログラミングの重要性を国営放送で、放映するほど、重要性を認識していました。

 

 

子供プログラミング ソフト無料

大人プログラミングソフトとどう違うの?

大人向けプログラミングソフトの場合、そもそもパソコンのソフトのレベルで、ウィンドウズか?MacOS か?と言った議論があります。その上で、プログラミングの目的に応じて、使用すべき言語という形で、ツールが決まってきます。

 

これに対して、子供向けプログラミングソフトですと、プログラミング的思考を学習することが、主眼におかれますので、学習しやすいタッチや、パフォーマンスに主眼が置かれます。

 

具体的には、ツールもプログラム言語というよりは、ビジュアルプログラミングツールとして、開発されます。大人向けツールとしてのプログラミング言語であれば、初心者でも、命令をコードという形で、記述するのが、王道的な流れとなります。

 

これに対して、子供向けプログラミングツールとしては、いきなり、コード を記述するというよりも、むしろ、ブロックやレゴを積み上げたり、移動したりする感覚で、命令をプログラミングすることで、命令を記述する難易度を解消する配慮が施されています。

 

そのようなビジュアルプログラミンツールとしては、スクラッチが代表的なツールとなります。

 

プログラミング できること

お子さんに、プログラミングを学習させる予備知識として、プログラミングでできることを知っておく、と「こんなはずではなかった」という経験を避けさせることができます。そこで今回はお父さん、お母さん向けにプログラミングでできることをいくつか紹介しようと思います。
まずプログラミングで命令できる主な内容ですが

@高速処理
A自動処理
B遠隔処理

の三つがあります。

@高速処理プログラミング

高速処理ですがプログラミングでは人間とは比べ物にならないスピードでの処理が可能です。
特に、深層学習をコンピューターにさせることで、大量のデータを分析したり様々なパターンを分析したいといった高度な計算を行うことが可能になりました。
たとえば、国立国会図書館の蔵書は、人間ですと、一生かかっても読めないボリュームがあります。しかしAIを搭載したコンピューターに本を精読するプログラムを命令すると、3日で精読してかつ読了してしまいます。

A自動処理

次に自動処理ですがプログラミングを利用すると放っておいても勝手に仕事をしてくれるようにできます。
自動処理が行われるものとしてはロボットや自動販売機のような食い込み型の特定の仕事をするプログラムです。
さらに、AIの発達によって、囲碁などの特定の仕事に限定されない鉄腕アトムのような汎用型プログラムが可能になったのも、自動学習という自動処理のおかげです。

B遠隔処理

次に遠隔処理ですが、インターネット上にあるサービスはネットに接続できるスマホや PC があれば世界中どこからでも使用することが可能です。インターネットによって日本に居ながら、海外のコンピュータに指示を与えることも可能です。

子供のプログラミング教育

近年子供のプログラミング教育に注目が集まっています。

子供にプログラミングを学ばせるメリットをご父兄の皆様と共有します。

メリット1論理的思考が身につく

プログラミングは筋道を立てパズルのように組み立てていくものなので論理的思考が身につきます。
物事を効率よく考えられるようになるのでどの分野でも通用する重要な能力になります。
小さい家から学ばせておけば論理的思考力を大きく成長させることができます。

メリット2パソコンの操作能力が身につく

現在では、スマホで大半のことはできてしまいまいがちです。そのため最近の大学生はレポート、卒論などもスマホで済ませてしまってい、パソコンを扱えない人が増えています。
しかし仕事ではスマホではなくパソコンを使います。小さいうちからパソコン操作に慣れておけば、将来就職した時に有利になるのは間違いないでしょう。

メリット3AI向けプログラミングの技術が身に付き将来仕事に困らない

IT 業界はAI技術を始め速速に発展していく他方で AI技術専用のIT 人材は不足しているのが現状です。
特に、AI技術者の不足は、アメリカ以上に深刻です。
これからもAI技術者の不足は拡大していきます。AIへのプログラミングのできる人材が重宝されて行くことになります。
早いうちからプログラミングの技術を身につけておけば将来仕事に困ることはないでしょう。

 

プログラマーはAIによって淘汰されますが、大元のプログラムを設計したり、AI専用のプログラムを設計するAI技術者の需要は大きいです。

 

 

メリット4情報リテラシーが高まる

現在は、子供でもスマホやタブレットを扱うのが当たり前の時代になってきました。しかし端末の普及とともに子供がインターネットや SNS を通じて犯罪に巻き込まれるケースも増えてきているのも事実です。パソコンやプログラミングなどの技術に触れることでネットのモラルや危険性やその対策法を学ぶことができます。

 

例えば、ネットで買い物をするのであればamazonか楽天を除いて、詐欺サイトの可能性があることを学ぶことができます。
実際に、SNS広告の中には、詐欺サイトがかなり混在しています。SNSとてそこに掲載されている広告だからといって信用しないことを学ばせます。

 

するとネット詐欺や犯罪集団と接点を持つことから、お子さんを遠避けることが、可能になります。

 

メリット5問題解決能力を鍛える

プログラミングでは自分が書いたプログラムが間違っていた場合エラーという目に見える形ではっきりと現れます。どうしてそのエラーが出てしまったのかどうすればそのエラーを解決できるかなどを考えることで問題解決力が養われます。