プログラミング 教材

 

子供向けプログラミング教材の位置づけ

子供向けプログラミング教材の当サイトでの位置づけは、お子さんが、プログラミングに体験授業などで興味を示したあとにご家庭で親御さんが参考に与えるものです。
まだプログラミングそのものに対して、お子さんが、興味や関心を示さないうちに、プログラミング教材をこれでやってみてというように言い聞かせて、やらせようとすると失敗します。

 

 

子供向けプログラミング教材の種類

子供向けプログラミング教材の種類としては、アプリやソフトウエア、本など、さらにレゴや段ボール製のロボットなど多種にわたります。
入り口としては、お子さんが、プログラミングに関心を示した後に、プログラミング本から、読ませるのが理想的です。
自宅での紙ベースの教科書やワークブックに慣れ親しんでいるので、いきなりのPCやタブレットやスマホでの管理画面に抵抗があるからです。